2005年01月11日

障害とバドミントン

スカパーで日本障害者バドミントン選手権の映像を見たが、
驚いた。

そのときは、車椅子に乗っている選手がダブルスの試合を行っていたのだが、
見た瞬間は、「車椅子に乗ってバドミントンができるのかな?」
と疑問が強かったが、実際に見てみると、上半身だけの力で
サービス、クリヤーが力強く飛んでいる。

ルールも工夫されていて、どうやらサービスラインからネットより
は常にアウトになるようだ。ちゃんと考えられている。

何より、この試合を放送するバドミントンチャンネルはたいしたもんだ。

posted by ながやん at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。