2006年06月11日

ラリーポイント

今日日本バドミントン協会の3級審判手帳を入手した。

国際的にもラリーポイントが導入され、岐阜市でも
公式戦ではラリーポイントを導入するそうで、
今月末に教育会があるそうだ。

ラリーポイントのメリットデメリットは
前にも述べたが、実際に行う選手はやはり
混乱する。今まで自分も体験したことがないが、
ダブルスのサーブ・レシーブの順番とポジションが
非常にややこしい。

もともとバドミントンのダブルスに関しては
ややこしかったものだが、それがシンプルに感じるくらいの
変更だ。

とりあえず調べて勉強してみるが、
もっとシンプルにしてもいいのかもしれない。

ちょっと考えてみようと思っている。
posted by ながやん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。