2006年05月31日

よく見るということ

バドミントンをはじめとしたスポーツでは
正しいフォームが必要だけど、
対象を良く見ることが大切だ。

シャトルを打つ瞬間をちゃんと見ること。
結構これが習慣になっていないと難しい。

見て打つことは当たり前だけど、
実際はできていない。
子供の頃から意識していなかったのだ。

今からやろうと思っても、基礎打ちではできるが、
試合ではできない。

特に、ドライブ系では打つ前に視線を切ってしまう。

反復あるのみだ。
posted by ながやん at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18662501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。