2006年07月13日

プレローディング

ゆうべ久しぶりに読んだバドミントンの本に
プレローディングのことが書いてあった。

プレローディングを簡単に説明すると
人間の一番力が入るひざの角度は135度。
着地する寸前に
あらかじめひざをこの角度にして、
筋肉を緊張させて、戻りの時間を短縮する技術。
だそうだ。

自分には、そもそもひざ角度135度でシャトルを
とることがめったにない。
たぶん80度ぐらいじゃないのか?

だからプレローディングも使えないし意味がない。

なぜできないか考えたら、柔軟性がないからだと気づいた。
スポーツは何でも柔軟性が大事なんだなあ。

いままでさんざんこのブログで柔軟性をつけたいと書いてきたが
続かないから成果も出ない。

楽にやわらかくなる薬とかないかなあ。
posted by ながやん at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/20743357

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。