2005年04月09日

ヨネックスオープンジャパン2005準決勝

早速レポート

代々木第二体育館に行ってきました。
入り口ではキーホルダーのプレゼント。
来年日本で開催のトマス・ユーバー杯のキーホルダー。
先着200名には来場プレゼントがあったらしいが
なんだったんだろう???

プログラムは混合ダブルスから。
○エリクセン・ショルダガー(デンマーク)●チェン・チャオ(中国)対 
静かな立ち上がりのなか、ショルダガーのネット前プレーが
さえる冴える。対するチャオティンティンはミスが目立つ。
結局最後までチャオが立ち直るきっかけが無く、デンマーク組が
ストレートで勝利

○プラパカモル・トゥントーンカム(タイ)●シェ・チャン(中国)
反対のコートだったのであまり見ていない。
ノリノリでスマッシュを打ち込んだタイの二人が
中盤から一気にゲームを支配してストレート勝利。
結果中国勢は姿を消す。

優勝予想 エリクセンが何か本調子じゃない感じがしたので、
タイ組が勝つんじゃないかな?


女子シングルス
○シェシンファン(中国)●ピホンヤン(フランス)
高さで圧倒するシェが常時リードする。
ただミスも多い。ピホンヤンもミスにつけこんで
ポイント迫るが、力でシェが押し込んだ感じ。

○チャンニン(中国)●ワンチェン(香港)
1ゲームの立ち上がりチャンが一気に10−0までリード。
そのまま一気に行くと思ったが、前日の米倉戦に続く
ワンの粘りは特筆もの。反対コートなので途中は
あまり見ていないが、ファイナルセッティングまで
粘る。10オールでワンが自身をもって見逃したシャトルが
インだったところで、勝負あった感があった。
結局チャンが競り勝つ。決勝は中国対決。

優勝予想 勝負強さ、粘りでチャンニン有利か?
シェが勝つならストレートで一気に行ければ。
posted by ながやん at 22:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。