2005年05月25日

グリップ

バドミントンのラケットに使用するグリップは、
大別してタオルグリップともうひとつゴムみたいなグリップがある。
ゴムみたいなグリップの正式名称はしらないが、
ヨネックスの製品名では、ウェットスーパーグリップとあるので、
ウェットグリップというのが一般名かもしれない。

ここ最近は、ウェットグリップ2本巻きでやってきたけど、
このまえカーボ13とタオルグリップの組み合わせで打ったら
結構好感触。

ウェットグリップは、持ち替え時に引っかかる感じがあって
親指がすっぽ抜けることがごくまれにある。
(そのときは間違いなく力のない絶好球が上がることになる)

タオルグリップだと結構引っ掛かりが少ないので、
もう少し継続して使って、慣れるともうすこし
持ち替えの場面でも力のあるシャトルが返せるのでは
ないかと期待している。

今更の話だけど

posted by ながやん at 08:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/3884864

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。