2005年10月26日

線審

スカパーで国体の青年男子決勝を見ていた
第二単の富山の舛田選手がバックラインを
オーバーしたシャトルを見送ったとき
勢い余って線審と衝突。

どちらも怪我がなかったからよかったものの
ひとつまちがえるとえらいことになったろう。

柔道の副審はとてもかわすのが上手い。みならいたいものだ
posted by ながやん at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。